未来探索の概要
キャリア支援
未来探索(みらたん)

「未来探索」を通じて、一人ひとりの将来像を明確にしていきます。
1年次の「産業社会と人間」「総合的な学習の時間」と2・3年次の「総合的な学習の時間」をあわせて、本校では「未来探索」とよんでいます。「キャリア教育」の考え方にもとづき、3年間の学習をとおして、自分の進路実現にむけた準備をすると同時に、社会人として必要な知識や態度を身につけます。

未来探索イメージ図
未来探索 I

自分を知る・社会を知る

自分の興味・関心、適性を確認し、将来の目標を設定します。また、さまざまな進路や社会に目を向け、職業への関心を高めます。

  • 新入生オリエンテーションで、高校生活全般のガイダンスを受けます。
  • 県立東部総合職業技術校を訪れ、ものづくりを体験します。
  • ジョブシャドウィング(職場体験)を行い、成果を発表します。
未来探索 II

自分を磨く・社会で学ぶ

興味・関心に応じて、さまざまな体験活動を行い、働くことや学ぶことの意義をつかみます。 また、自分に適した進路選択ができるようなカウンセリングやガイダンスを受けます。

  • 「夏活動」による上級学校訪問や事業所への訪問
  • 分野別上級学校ガイダンス・相談会
  • 研修旅行にむけた地域研究
  • プレ課題研究
未来探索 III

自分の夢を形にする

実践的体験学習を積み重ねることにより、自己の将来像を明確にします。自らが進路を切り拓き、希望を実現するというプロセスを体験します。

  • 総合学科での3年間の学びの集大成として、自分で選んだテーマで「課題研究」を行います。
このページのトップへ