健康・福祉系列
学習情報
健康・福祉系列

介護などの演習・実習を通じて福祉や健康についての知識や技術を身につけ、 主体的に地域や社会に寄与する意欲と、実践的な態度を育てます。 また、コミュニケーションを重視し、他者との共生の視点に立って、心身両面から、 よりよい生き方を追求する態度を育てます。

【 設置科目 】※下の各項目をクリックすると内容が開きます。もう一度クリックすると閉じます。

【科目のねらい】 (1) 社会福祉を自分自身の問題と捉え、自分の生き方を育てます。 (2) 社会福祉を学習する事が、生きている人間と社会の問題であることを伝え、    ともに課題を解決していく意欲を高めます。 (3) 自分の福祉観や人生観を振り返りながら、より豊かな支援のための基礎力を    身につけます。 【主な学習】 ① 今日の社会福祉が私たちの生活に深く関わっている事を新聞や統計資料などを使っ学びます。 ② 車椅子体験を通じ、すべての人が住みやすい街について考えます。 ③ 世界の社会福祉の歴史を勉強し、福祉に対する考え方がどのように変化しているか学びます。 ④ 児童福祉の現状と課題について学びます。 ⑤ アイマスク体験などを通じて、障害者福祉の現状と課題について学びます。 ⑥ 高齢者疑似体験や介護実習などを通じて、高齢者福祉の現状と課題について学びます。 ⑦ 鶴見区の福祉の取り組みを知り、地域福祉について学びます。 ⑧ 日本の社会福祉の歴史について学びます。 ⑨ 福祉の仕事と資格、求められる資質について調べます。

【科目のねらい】 (1) 日本国憲法が規定する生存権の性格を理解するともに、その具体的実現の方法を    学びます。 (2) 社会福祉に関する法律や制度がどのように発展してきたかを学習します。 【主な学習内容】 ① 日本国憲法と社会福祉の関係について学びます。 ② 社会福祉に関する法律や制度がどのように発展してきたか学びます。 ③ 福祉行政組織の役割や財源の動向について学びます。 ④ 子ども・家庭と社会福祉サービスについて学びます。 ⑤ 障害者と社会福祉サービスについて学びます。 ⑥ 介護保険制度の内容と課題について学びます。 ⑦ 高齢者と社会福祉サービスについて学びます。 ⑧ 生活保護の内容や現状・課題について学びます。 ⑨ 社会福祉施設について、インターネットや本を使って調べます。

【科目のねらい】 (1) 社会福祉基礎で学習したことをもとに、今や国民的課題・社会問題となった「介護」 に関する基礎的な知識と技術を学びます。 (2) 高齢者と障害者に対して一人一人の自立生活を保障する介護サービスを行う力を     身につけます。 【主な学習内容】 ① 介護の理念や概要について学びます。 ② 加齢による心身機能の変化について学びます。 ③ 高齢者に多い疾病や障害について学びます。 ④ 障害の概念とさまざまな障害について学びます。 ⑤ 自立とは何か考えます。 ⑥ 介護技術について学びます。   (コミュニケーション、ベッドメイキング、食事の介護、排泄の介護、着替えの介護、移動 の介護、入浴の介護、緊急時の対応 など) ⑦ これまでの学習を踏まえ、最善の介護とは何か考えます。

【科目のねらい】 (1)「福祉」に関する基礎的・基本的学習の上に立ち、日常生活の中にある社会福祉の 課題を見つけます。 (2)「社会福祉演習」の学習を通して課題解決の方法と自発的、創造的な学習態度を 養います。 【主な学習内容】 ① 福祉の場面における、さまざまなコミュニケーション方法について学びます。 ② レクリエーション活動について、実際に企画・運営をします。 ③ 自立支援のプロセスをもとにしたケアプランを作成します。 ④ 事例研究を通じて、求められるニーズとサービスの提供について考えます。 ⑤ 個人研究をします。   ・自分の進路希望に応じた社会福祉に関する課題を見つけます。   ・課題解決のための調査・研究をします。   ・調査・研究の結果をまとめ、発表します。

【科目のねらい】 (1)「生命誕生」から命の終わり「死」まで、男女の"性"を中心に学び、自分自身の 生き方を考えます。 (2) 生徒も教師も共に考え、共に学ぶ授業を目指します。 【主な学習内容】 ① 男女の性機能を科学的に勉強します。(体のつくりの模型製作) ② 生命誕生のプロセスを、胎児の成長を追って学びます。 ③ 出産、子育てについて、学び、考えます。 ④ エイズ・STD、さまざまな性(人権と法律)について学び、考えます。 ⑤ 障害者・高齢者の健康と性について学習します。 ⑥ 死を迎えることについて、ホスピスでの死等を教材に考えます。 ⑦ 1年間の学びをもとに、自分の学びを整理します。

【科目のねらい】 (1) 校内実習では自然と人間のかかわりを基本として、生活に必要な知識を学びます。 (2) 校外実習では自然の中での行動の仕方を身につけ、自然に親しむことができる力を 身につけます。   ※ 1単位(約38時間)の講習を受講した者を履修、授業の取組みや知識・実技テスト で基準を満たした者に修得を認める。 [前期] 【校内学習】  ① 事前学習  ② ガイダンス(スケジュールなど)  ③ 講義:自然観察入門  ④ 実技:テント設営、野外炊飯、ロープワーク [後期] 【校外学習】  ① 開講式  ② テント設営など野外活動のスケジュールに沿った活動  ③ 実習(自然観察、カヌー、釣り、山歩き、野外料理など)> 【校内学習】  ① 活動のまとめと発表(文化祭企画発表)

【科目のねらい】 (1) 基本的な救命救急法の知識を学び、実践できるように練習します。 (2) 基本的な応急手当の知識を学び、実践できるように練習します。  ※ 1単位(約38時間)の講習を受講した者を履修、授業の取組みや知識・実技テストで 基準を満たした者に修得を認める。 【主な学習内容】 ① 講義受講日程の説明、諸注意 ② 救急処置の目的について ③ 応急手当の学習、実践 ④ スポーツ外傷と応急手当の学習と実践 ⑤ その他応急手当知識の学習と実践 ⑥ 心肺蘇生法の知識と実践 ⑦ 防災学習と関連施設の見学 ⑧ 水による事故・災害の学習と着衣泳の体験 ⑨ 筆記及び実技に関する試験及びまとめ

【科目のねらい】 (1) 人間の身体を理解するとともに各種トレーニングを学びます。 (2) レクリエーション・ニュースポーツを実践し、指導力を養います。 (3) 高齢者や障害者を含んだスポーツを理解し、健康・福祉活動の資質を養います。 【主な学習内容】 ① 体力トレーニングの理論の学習と実践できるよう練習します。 ② レクリエーション・ニュースポーツを実践できるよう練習します。 ③ 高齢者や障害者対応スポーツを実践できるよう練習します。 ④ 地域との交流を行います。 ⑤ 体力トレーニングの効果測定と再調整を行います。 ⑥ 活動のまとめと発表(文化祭企画発表)  前期のまとめ ⑦ 一年間の学びをもとに、自分の学びを整理します。

【科目のねらい】 いい友達をつくる、いい人間関係づくりのコミュニケーションの基礎を学びます。 ① 不安を安心に変えるコミュニケーションを身につけます。 ② 安心を信頼に変えるコミュニケーションを学びます。 ③ 信頼・協力を得るコミュニケーションを学びます。 [前期] ① いい感じを与えるコミュニケーション   ▽ 感じの良さを与えるあいさつ、自己紹介   ▽ 感じの良い仕草、表情、声の届け方   ▽ 感じの良いことばづかい ② 伝え上手になるコミュニケーション   ▽ 相手に伝わる話の構成 [後期] ① 伝え上手になるコミュニケーション   ▽ 相手に伝わらないときの言い換えの工夫 ② 信頼・協力を得るコミュニケーション(伝え上手への道)   ▽ 相手の立場に立っての言い方の工夫   ▽ 自分が一番いいたいことを明確にする工夫   ▽ 相手の協力を得る言い方の工夫