国際文化系列
学習情報
国際文化系列

さまざまな国や地域の歴史・文化・言語を学び、それぞれの風俗・習慣の違いを理解するとともに、地域との多文化交流を通じて、相互協力の心を育み、国際社会の一員としての必要な能力と資質を養います。

【 設置科目 】※下の各項目をクリックすると内容が開きます。もう一度クリックすると閉じます。

【科目のねらい】 (1) 日本社会の国際化の現状を学ぶとともに、その課題を考えます。 (2) これからの国際理解・相互理解のあるべき姿を考えます。 [前期] 【日本社会の国際化について知る】  ① 地域の国際化の様子を校外授業や資料を通じて、学習します。  ② 日本で暮らす外国人の来日状況や、その歴史的背景などを学習します。  ③ 日本で暮らす外国人の教育、就職、医療、生活の様子などについて学習します。 [後期] 【日本と世界のつながりを考える】  ① 海外で暮らす日本人の歴史や今の様子を校外授業や資料を通じて、学習します。  ② 国連機関やNPO、NGOなどの活動について、校外授業や資料を通じて、学習します。  ③ 国際理解について私たちができることをレポートにまとめ、互いに発表します。

【科目のねらい】  地理的知識を身につけることにより、旅をより身近にし、楽しむ。  旅を通して、自分の視野を広げ、余暇の楽しみを広げる。 【主な学習内容】  日本や海外の気候、風土、伝統を学ぶ。  多様な風土から人々の生活を知る。  自ら旅行プランを立てる。  地域の地理、伝統を学び、地元を知る。

【科目のねらい】  (1) 初歩的なポルトガル語の習得を通して、言葉の背景にある文化、歴史、 生活習慣等を理解します。  (2) 生きた言葉として実際に運用する能力を養います。  (3) ポルトガル語の学習を通して日本語を豊かにします 【主な学習内容】  ① 挨拶、短い日常会話(ポルトガル語の発音が身につくように)  ② 自己紹介・自分を表現する短い会話  ③ よく使う動詞・自分を表現する短い会話  ④ 平叙文と疑問文・相手とかかわる短い会話  ⑤ 肯定と否定文・短い会話  ⑥ 主題と主語・短い会話  ⑦ 形容詞文・短い会話  ⑧ 過去の経験を表す動詞の変化・短い会話  ⑨ 台詞の聞き取り・ポルトガル語で簡単なメッセージを伝える  ⑩ 助数詞の使い方・短い会話  ⑪ 進行・接続の言い方、動詞の変化・短い会話  ⑫ 可能表現・短い会話  ⑬ 受身表現・短い会話(迷惑を表す受身表現の基本的な用法)  ⑭ ブラジルの料理を作る:食材の名前、作り方の実作業

【科目のねらい】 (1) 入門を履修した生徒を対象に、語彙を増やしながら、会話の能力や理解力上達を     図ります。 (2) 生きた言葉として実際に通用する能力をロールプレイ等を通して、上達させます。 (3) ポルトガル語の学習を通して日本語を豊かにします。 【主な学習内容】  ① ポルトガル語力の測定  ② ポルトガル語の文書の成り立ち・主部・述部・要素  ③ 名詞・用法と種類・数・格・性  ④ 代名詞・人称代名詞・疑問・指示・不定代名詞  ⑤ 冠詞・形容詞・用法・数・量を表す形容詞。  ⑥ 動詞の活用と種類  ⑦ 副詞・形と用法・位置・疑問副詞  ⑧ 前置詞・用法・時を表す・場所・方向を表す  ⑨ 動詞の活用と種類  ⑩ 時制・現在・過去・未来・進行・完了時制  ⑪ 助動詞の種類と性質  ⑫ 不定詞  ⑬ 動詞の変化の復習  ⑭ ブラジルの料理を作る:食材の名前、作り方の実作業

【科目のねらい】 (1) ポルトガル語の基礎知識の定着を図ります。 (2) ポルトガル語の基本知識の上に、応用能力を涵養します。 (3) 生きた言葉として実際に運用する能力を養います。 (4) ポルトガル語の理解・表現の幅を広げます。 【主な学習内容】 ① ポルトガル語力の測定・語彙・文法・構文の理解力 ② テーマについて、短い文章を読んで、感想を書く・文型の練習 ③ 興味あるテーマについて、ポルトガル語で会話の練習 ④ 規則動詞の活用と用法 ⑤ 時間の表現・時間の経過・長さ・行動の時間の表現・練習問題 ⑥ ポルトガル語で文書を読む ⑦ ポルトガル語で感想を述べる ⑧ ポルトガル語で書く ⑨ ブラジルの料理を作る:食材の名前、作り方の実作業

【[科目のねらい】 (1) 中国語の発音を身に付け、簡単な会話ができるようにします。 (2) 基本の文法と書く力を身に付けます。 (3) 中国人及び中国語の文化に対する理解を深める。 【[主な学習内容】  ① 中国語の発音声調(四声)  ② 発音(ピンイン)の母音と子音  ③ 簡体字について  ④ あいさつ・自己紹介  ⑤ 数字や値段をたずねる表現  ⑥ 文法(動詞・名詞・形容詞)の説明  ⑦ 簡単な会話練  ⑧ 中国語の発音記号を書く練習  ⑨ 日付・時刻の表現  ⑩ 肯定文と否定文の基本語順  ⑪ 疑問文の使い方と答え方  ⑫ 形容詞や動詞の完了形  ⑬ 発音や会話のテンポ、独特の言い回し方  ⑭ 中国の点心を作る、文化を理解する

【科目のねらい】 (1) 中国語の簡単な日常会話、挨拶など出来るようになり、中国の生徒とコミュニケー     ションを取れるようにします。 (2) 簡単な中国語の文章を読めるように、意味を理解できるようにします。 (3) 中国語で簡単な作文を書けるようにします。 【主な学習内容】  ① より複雑な中国語会話の練習:日常生活に役に立つ会話の置き換え練習を行います。  ② 中国語の作文:簡単な中国語文章の書き方、中国語で手紙などを書けるように練習 します。  ③ 中国の料理を作る:食材の名前、作り方の実作業

【科目のねらい】 (1) 国際人としての自覚と自信を身につけ、自分の新たな可能性を引き出すように努力     をする。 (2) 中国の文学、歴史、社会などの基礎基本知識を学習をできるようにします。 (3) 理解力と読解力のレベルを更にアップするように練習を繰り返します。 【主な学習内容】  ① 講読:中国の中高校で使用されている教材から文学、歴史などに関する文章を選ん    で読む。  ② 中国語作文:文章力を高め、そこから日本語の学習にも役に立つことが期待できます。  ③ 中国語新聞:中国情勢や若者たちにの流行などを把握します。  ④ 中国語新聞:中国情勢や大きなニュースなどを把握します。  ⑤ 中国語通訳:いくつかの場面を設定して、通訳の能力を鍛えます。  ⑥ 中国語翻訳:日本語、中国語新聞を読み、関心のある記事を中国語、日本語に翻訳    します。  ⑦ 食文化・料理などを通じて、日中両国の文化や習慣の違いに対する理解を深める。  ⑧ 中国の料理を作る:食材の名前、作り方の実作業

【科目のねらい】 (1) 日本語の体系的な力を養います。(日本語能力試験N2~N4級合格を目処に) (2) 生きたなめらかな会話ができる能力を養います。 (3) 日本語によって自分を表現し、自己実現に向かう力を養います。 【主な学習内容】  ① ひらがな、カタカナ、基本的な漢字・語彙の学習から、高度な漢字・熟語・語彙まで    学びます。  ② 基礎的な文法から高度な文法までを学び、それを使って作文や会話の練習をします。  ③ 初歩的なものから複雑で高度な文章まで、さまざまな文章の読解練習をします。  ④ 一定の長さの作文を書く練習を通じ、表現力を伸ばします。  ⑤ 会話練習を通じて、会話力・コミュニケーション能力を伸ばします。

【科目のねらい】 日本からもっとも近い、お隣の国の言葉を学びます。 (1) 自分のこと、身近なことを表現し、やりとりできるようにします。 (2) 韓国の高校生と交流します。 (3) ハングルの読み書きができるようにします。 (4) 韓国朝鮮の文化に対する理解を深めます。 【主な学習内】  ① あいさつ  ② 自己紹介(名前、好きなもの・嫌いなもの、家族など)をします。  ③ 鶴見総合を紹介します。  ④ 日常生活の中で、やったこととこれからの予定・約束などについてやりとりをします。  ⑤ 自分の希望について、やりとりをします。  ⑥ 「話してみよう韓国語大会(スキット部門)」に応募します。  ⑥ 上記と並行して、ハングルの読み書きを学びます。

【科目のねらい】 日本からもっとも近い、お隣の国の言葉を学びます。 (1) 自分の身近なことについて、よりくわしくやりとりできるようにします。 (2) 社会的なことがらについて、やりとりできるようにします。 (3) 韓国の高校生との交流を企画・運営します。 (4) ハングルの読み書きがしっかりとできるようにします。 (5) 韓国朝鮮の文化に対する理解を深め、表現できるようにします。 【主な学習内】  ① 自分や、いろいろな人のプロフィールを調べてまとめ、発表をします。  ② 日本と韓国の歴史・文化、地球的課題などについて調べてまとめ、発表をします。  ③ 韓国の姉妹校や、日本で韓国語を学ぶ高校生と、メールなどで交流します。  ④ 交流会を韓国語で進行できるようにします。  ⑤ 初級では、「聞く・話す」活動が多かったですが、中級では「読む・書く」活動が増え    ます。

【科目のねらい】 (1) 状況に応じた会話や表現ができる力を養います。 (2) 自分の考えや思いをを効果的に伝える力を養います。 【主な学習内】  ① あいさつと自己紹介  ② 敬語の使い方  ③ 電話のかけ方  ④ 依頼、承諾、感謝の効果的な伝え方  ⑤ 会議、ディスカッション  ⑥ 面談、面接  ⑦ 説明、プレゼンテーション  ⑧ ディベート

【科目のねらい】  ① 世界のさまざまな国や地域の人々の暮らしを知る。  ② 文化や価値観の多様性を理解する。  ③ 自分たちの暮らしとのつながりを理解する。  ④ 世の中・世界のしくみを見抜き、これからの自分の生き方を考える。 【主な学習内】  ▽ 世界各地の文化、生活習慣、言語等を学びます。また、その国で使われている品物    を実際に見たり触れたり、または映像資料を見て理解を深めます。学んだ内容を発    表します。  ▽ 自分でテーマの国を決め、その国について調べてレポートにまとめ発表します。  ▽ 必要に応じて地域に住んでいる外国から来た方や、国際交流に関わっている方に    お話をうかがったり、学校外での見学を行うこともあります。

【科目のねらい】 多文化共生社会に向けて、いろいろな文化・個性を持った人々が、違いの大切さを認め 合いながら、社会の一員として活躍することにより、社会全体を豊かにすることを鶴見・ 川崎を中心とする地域の、国籍や民族、女と男、子どもと大人、障害者と健常者など、 様々な違い・文化・個性を持つ人々との交流や体験的授業を通じて学びます。 【主な学習内】  ① 地域における、沖縄出身者や在日外国人(韓国・朝鮮、中国、南米、フィリピンな    ど)のような、マイノリティーの人たちの文化活動や人権を守る活動から学びます。    これらの活動の場を訪問、またはこれらの活動をする講師に来ていただき、体験的    授業を実施します。なお、必要に応じて、土・日曜日に訪問授業を行う事がありま    す。  ② 体験的授業の前には事前学習を行い、その後には感想を含めたレポート作成による    振り返り学習を行います。  ③ 学期末には、各自のレポートをもとに、発表会を実施します。

【科目のねらい】 (1) アナウンスや朗読を通して、言葉の豊かさを学びます。 (2) 話す力や自ら表現する力を養います。 (3) 放送の役割を学び、体験することで、情報社会について考えます。 【主な学習内】  《アナウンス・朗読》  ① 基本(発声練習・発音練習・イントネーション)  ② アナウンス体験    ※短い文を読む練習をした後、実際に原稿を読んでみます。  ③ 朗読体験        ※短い文を読む練習をした後、実際に本を読んでみます。  ④ 施設見学        ※放送ライブラリーの予定  ⑤ マスメディアについて  ⑥ 番組制作体験     ※自分で原稿作成、アナウンスを行い、番組を作ってみます。