学校外の学び
学習情報

自らの興味・関心に基づいて、生徒が学校外で行う体験的な活動の成果を評価するという目的から 「学校外における学修の単位認定」の制度を設けています。対象となる活動は、校外講座、技能審査、 ボランティア活動、就業体験活動です。35時間相当の活動で1単位を認定します。単位認定の上限は20単位で、 卒業に必要な単位数に含めることができます。

校外講座

各総合学科高校で行われている特色ある系列科目などの公開講座や上級学校と連携した講座からなる総合学科夏季連携講座を受講することで、単位を取得することができます。

技能審査

実用英語検定やワープロ検定などに合格すると、その種類、級・種別に応じて単位を取得することができます。 平成27年度の「技能審査」の対象とする検定等の種類、級・種別、認定単位数の一覧は こちら(pdfファイル)です。

ボランティア活動

本校のボランティア活動は、活動を通して高校生の皆さんが社会の一員であることをより強く実感し、物事を進めていく喜びや充実感を得るとともに、将来への視野を広げる機会とすることを目的としたものです。
学校のボランティア窓口を通じて希望する生徒にボランティア活動先が紹介され、一定の条件を満たしたボランティア活動を行うと、年間で最大1単位、卒業までに3単位を取得することが可能です。

就業体験活動(インターンシップ)

インターンシップは仕事の現場に入り、働いている人の指導の下で、実際的な知識や技術・技能に触れるとともに、働く意味を考える機会になります。 一定の条件を満たしたボランティア活動を行うと、年間で最大1単位、在学中に最大2単位まで取得することが可能です。

このページのトップへ