造形・表現系列
学習情報
造形・表現系列

造形活動を通して、美的感覚を磨くとともに、創造的表現と鑑賞の力を身につけ、自らの生活を豊かにしようとする態度を養います。また、さまざまな表現活動を通して多くの人々とふれあい、豊かな人間性を育みます。

【 設置科目 】※下の各項目をクリックすると内容が開きます。もう一度クリックすると閉じます。

【科目のねらい】 (1) 平面、立体造形の基礎知識を養います。 (2) さまざまな素材に触れ、造形感覚と想像力を養い、表現力を身につけます。 【主な学習】 ① 平面デザイン : 模様や色の性質を生かして制作します。 ② 粘土による立体 : 陶芸で使う粘土を使って、立体を造形します。 ③ ミクストメディア : コラージュなどの技法を使って、平面絵画を制作します。 ④ 木による立体工芸 : 板を使って自由に創作します。

【科目のねらい】 (1) ヒップホップを通して身体的な自己表現能力の育成をはかります。 (2) ダンスを通して、アメリカのヒップホップ文化への理解を深めることを目指します。 【主な学習内容】 ① リズムのとり方。 ② 細かい身体の使い方と基本的なダンスステップのレッスン。 ③ グループによる課題発表。 ④ 発展的なダンスステップのレッスン。 ⑤ DJ・ヒップホップ音楽について。 ⑥ グループによる創作発表。

【科目のねらい】 (1) ヒップホップ(入門)を通して得た身体的な自己表現能力をさらに高めることを目指します。 (2) ダンスを通して、音楽、アートなどアメリカのヒップホップ文化への理解を深めることを目指します。 【主な学習内容】 ① リズムの応用。 ② 発展的なダンスステップのレッスン。 ③ グループによる課題発表。 ④ 発展的なダンスステップのレッスン。 ⑤ 音楽制作。 ⑥ グループによる創作発表。

【科目のねらい】 (1) 発声とリズムの基礎 : リズムを感じ取りながら、呼吸法や体の使い方など、発声の基礎的技能の習得をめざします。 (2) J-Pop、ゴスペル、民俗音楽などの分野から親しみやすい楽曲を教材に学習します。 (3) ア・カペラによる表現活動を通して声を使った様々な表現方法を学びます。 【主な学習内容】 ① 発声とリズムの基礎 : 発声法・呼吸法、リズムの取り方を学びます。 ② コーラスの基礎 : ベースラインや各パートの役割を学びます。 ③ J-Popなど : 実際の楽曲演奏を通して発声と表現方法を学びます。 ④ アンサンブル : 数人によるアンサンブルによる、ハモる技術、音感を養います。 ⑤ ゴスペルなど : 実際の楽曲演奏を通して表現方法を学び、楽曲への理解、表現する楽しさを学びます。

【科目のねらい】 (1) 発声とリズムの発展 : リズムを重視しながら発声方法の技能の向上を目指します。 (2) 洋楽、ゴスペル、J-Popなどの分野から、完成度の高い楽曲を教材に学習活動を行います。 (3) アカペラによる表現活動を追求し、音楽的な表現を追求します。 (4) ピアノ、電子楽器を伴奏として用いた表現を学習します。 【主な学習内容】 ① 発声とリズムの発展 : 発声法・呼吸法の習熟、リズムの習熟をめざします。 ② コーラスⅠ : 実際の楽曲の演奏を通じて音程やバランスに対する感覚を養います。 ③ アンサンブル : 数人のグループによるアンサンブル表現を学び、リズムや和音に対する感覚の習熟を目指します。 ④ コーラスⅡ : 実際の楽曲の演奏を通じて、その曲にあった音楽表現を学びます。

【科目のねらい】 作陶の基本的知識や技術を習得し、土の基本的な性質や特性を体得します。   ※アレルギーが心配な人は事前に相談しにきてください。 [前期] 【さまざまな作陶技法を学びながら茶碗や皿などを作ります】 ① 「菊練り」を学びます。 ② 「てびねり」による作品づくりを学びます。 ③ 「ろくろつくり」の基本を学びます。 ④ 「釉薬がけ」をして「本焼き」をします。 [後期] 【食器以外のさまざまな陶芸作品を作りながら造形表現を楽しみます】 ① さまざまな装飾技法を学びます。 ② さまざまな「釉薬がけ」の技法を学びます。

【科目のねらい】 「ろくろつくり」が中心です。「陶芸(入門)」で身につけた技術をさらに磨きます。 【主な学習内容】 ① 「菊練り」を修得します。 ② 「ろくろつくり」の練習を重ねます。 ③ 「ねらったもの」が作れることを目指します。 ④ 「削り」の技術を高めます。 ⑤ 「釉薬がけ」のさまざまな技法を試み、作品にあった表現を目指します。   ▽ 「ふた付きの食器」の作陶を目指します。   ▽ 「どんぶり」「大皿」など大きなサイズの作品を制作します。   ▽ 自由制作をします。土鍋や花瓶、ティーポット等にも挑戦します。

【科目のねらい】 (1) 染めと織りの基本的知識・技術を身に付けます。 (2) 素材を通して、自然の恵みを考えます。 (3) 道具の扱いを通して、文化のすばらしさを考えます。 (4) 作品等を通して、鑑賞する能力を身に付けます。 【主な学習内容】 ① 綿糸を化学染料で染めます。 ② つづれ織りでテーブルセンターを織ります。 ③ ミサンガを編みます。 ④ カード織でストラップを織ります。 ⑤ 型染めでてぬぐいを染めます。 ⑥ 織り機で作品を制作します。 ⑦ マフラーを染めます。

【科目のねらい】 (1) 染織(入門)で身に付けた技術や感性をさらに磨き上げ、 染めと織りの能力を高めます。 (2) 素材を通して、自然の恵みを考えます。 (3) 道具の扱いを通して、文化のすばらしさを考えます。 (4) 作品等を通して、鑑賞する能力を身に付けます。 【主な学習内容】 ① 藍染めでてぬぐいを染めます。 ② 様々な組織を織ります。 ③ 毛糸を化学染料で染めます。 ④ 原毛をフェルト化し、それを使って作品を制作します。 ⑤ 捺染でインテリアボードを制作します。

【科目のねらい】 いくつかの生活雑貨の製作を通じて木工の基本的技術を学びます。 【主な学習内容】 図面の見方、作図の仕方、材料の切断・加工・組立・塗装・仕上げなどを実習を通して 学びます。

【科目のねらい】 家具の製作を通して木工技術を高めます。 【主な学習内容】 ちゃぶ台や椅子などの家具の設計・製作をします。  

【科目のねらい】 現代生活で必要とされる実用的な書活動を通して、書を愛好する心情を育てるとともに、 表現する楽しさや喜びを知る。 【主な学習内容】 ① 硬筆の基礎となる毛筆で、漢字の楷書、行書、平仮名を学習する。 ② 硬筆のテキスト「ペン習字の基礎」を使用し、実用的な書(履歴書、手紙、葉書、短冊、 色紙、うちわ…etc.)を、各々の書式に従って、それにふさわしい筆記具で学習する。 ③ 県の書道展に出品します。

【科目のねらい】 (1) 鑑賞・制作を通じ、絵画の表現方法を学び、芸術的な感性を磨きます。 (2) 絵具の素材研究を通じ、素材の性質を理解し、表現の発展を目指します。 【主な学習内容】 ① 鑑賞   ▽ 様々な平面作品を鑑賞し、基本的な絵画技法と、そこから見える作家の思いを 読み取り学んでいきます。 ② 絵の具を知る   ▽ 実験的な小作品を制作し、絵具の特徴を学んでいきます。 ③ 制作   ▽ 観察を通じ、絵画の基礎であるデッサンから様々な絵具を使った大きな平面作 品を制作していきます。

【科目のねらい】 (1) 総合芸術としての演劇を学び、個人及び集団による劇作りの体験から芸術的感性と 表現力を養います。 (2) 劇作りの過程で、想像力、創造力、思考力等を養い、また他者との共同作業におい て自主性や協調性を養います。 (3) 優れた表現に対する鑑賞能力や、他者の表現に対する寛容さを養います。 【主な学習内容】 ① オリエンテーション : 年間計画を理解し、演劇の基礎知識を学びます。 ② 演技の基礎訓練 : 身体感覚トレーニング・空間認識など。 ③ インプロ(即興演劇)のゲームを行います。 ④ さまざまな役・場面を演じます。 ⑤ 前期のまとめ。発表会をします。 ⑥ 台本を創作します。また上演に向けての説明と本読みをします。 ⑦ 台本の構造を理解する : 全員でお話について話し合いをします。 ⑧ 劇作り : 練習、スタッフ活動、リハーサルを経て、発表します。 ⑨ ビデオ鑑賞、劇作りの振り返り。

【科目のねらい】 (1) 総合芸術としての演劇を学び、個人及び集団による劇作りの体験から芸術的感性と 表現力を養います。 (2) 劇作りの過程で、想像力、創造力、思考力等を養い、また他者との共同作業におい て自主性や協調性を養います。 (3) 照明・音響・大道具・小道具などのスタッフワークを通して、より総合的な芸術表 現ができるようにします。 【主な学習内容】 ① オリエンテーション : 演劇のより発展的な内容を学習します。 ② 演技の基礎訓練 : 身体感覚トレーニング・空間認識など。 ③ インプロ(即興演劇)のゲームを行います。より高度なインプロのゲームを行います。 ④ さまざまな役・場面を演じます。演出について学習します。 ⑤ 前期のまとめ。発表会をします。(リーダーとなり活躍します。) ⑥ 台本を創作します。また上演に向けての説明と本読みをします。 ⑦ 台本の構造を理解する : 全員でお話について話し合いをします。演出の視点で 劇作りをします。 ⑧ 劇作り全体の企画、制作を担当し、全体をまとめ総合的な視点で活動を進行させる 役割を担います。 ⑨ 発表会をします。ビデオ鑑賞、劇作りの振り返り。

【科目のねらい】 (1) コンピュータを使ったグラフィックデザインの基本的知識を身に付けます。 (2) 想像力・創造力を養い、コンピュータを表現の道具として扱う能力を身に付けます。 (3) 作品等を通して、鑑賞・講評・言語表現する能力を身に付けます。 (4) フォトショップ(画像ソフト)の操作を身に付けます。 [前期] ① フォトショップの基本を学びます。 ② フォトショップを使ったポスターを制作します。 [後期] ① ショートアニメを制作します。 ② 絵本を制作します。 ※全体を通して、作品を講評し合います。

【科目のねらい】 (1) コンピュータグラフィック(入門)で身に付けた想像力・創造力をさらに磨き上げます。 (2) コンピュータグラフィック(入門)で身に付けた技術・感性をさらに磨き上げます。 (3) 作品等を通して、鑑賞・講評・言語表現する能力を身に付けます。 (4) イラストレーター(描画ソフト)の操作を身に付けます。 [前期] ① イラストレーターの基本を学びます。 ② イラストレーターを使ったポストカードを制作します。 ③ 今まで学んだことを生かして大型のグラフィック作品を制作します。 [後期] ① グラフィック作品の公募、コンペに挑戦します。 ② 自由制作 : これまで学んだことを活かして課題を決め、作品を制作します。 ③ まとめ : 年間で制作した作品を、パワーポイント等を使ってまとめます。 ※全体を通して、作品を講評しあいます。