PTA組織図
PTAより
鶴見総合高校PTA組織図
【 各会の構成メンバー 】
総会 全会員
役員会 会長・副会長・ 書記・会計・ 校長・副校長・ 教頭・事務長・ T書記・T会計
運営委員会 役員会+各委員会の委員長・副委員長
各委員会 各委員会の委員
常任委員会 全委員会の委員
神奈川県立鶴見総合高等学校PTA規約

第1章 総則 第1条(名称)   本会は鶴見総合高等学校PTAと称する。 第2条(事務局)   本会は事務局を鶴見総合高等学校内に置く。 第3条(目的)  本会は学校における教育目的の達成に協力し、生徒の心身の健全な発達を助成し、また教育環境の整備 充実をはかり、あわせて会員相互の親睦と教養の向上とをはかることを目的とする。 第4条(活動及び方針)   本会は学校教育の振興を本旨とする民主団体として、次の方針に従って活動する。  (1)本会は自主独立の団体であり、政治的・宗教的・営利的活動とはいかなる関係も持たず、またその支配 や干渉を受けない。  (2)生徒の教育・福祉のために活動する他の団体および機関と協力する。  (3)学校の人事および管理運営には関与しない。 第2章 会員及び役員 第5条(会員) 本会の会員は、本校生徒の保護者、および本校職員とする。 第6条(役員) 本会には次の役員をおく。  (1)会長1名(保護者)  (2)副会長2名(保護者)  (3)書記3名(保護者2、職員1)  (4)会計3名(保護者2、職員1)  (5)会長が必要と判断したときには、役員の数を増やすことができる。 第7条(役員の任務) 役員の任務は次のとおりとする。  (1)会長は本会を代表し、会務の総括、総会・役員会・運営委員会および常任・特別委員会の召集、各委 員会の正副委員長および委員の委嘱を行う。また、すべての委員会に出席することができる。  (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代行する。  (3)書記は総会および各会議の議事を記録し、事務を総括処理する。  (4)会計は本会の会計事務を処理し、総会において決算報告をする。 第8条(役員の選出)  役員は、指名委員会の推薦により総会において選出する。 第9条(役員の任期)  役員の任期は1年とする。ただし、再選を妨げない。また、欠員により補充された役員の任期は、前任者の 残任期間とする。 第10条(役員会)   役員会は、役員および校長、副校長、教頭、事務長をもって構成し、会務処理の必要に応じて開くことが できる。 第3章 会計 第11条(会計)  本会の経費は、会費およびその他の収入をもってこれにあてる。 第12条(会費) 本会の会費は一会員あたり月額300円とする。  2,本会の額を変更するときは、総会の承認を得なければならない。 3,本会の会計は、総会において議決された予算に基づいて行われる。 第13条(会計年度)   本会の会計年度は、毎年4月1日~翌年3月31日とする。 第4章 会計監査 第14条(会計監査委員)   本会には会計監査委員2名(保護者)をおく。会計監査委員は当該年度の会計を監査し、その結果を総 会に報告する。 第15条(会計監査委員の選出・任期)   会計監査委員の選出および任期は、役員と同様とする。 第5章 機関 第16条(機関)   本会には次の機関をおく。  (1) 総会       (4)常任委員会  (2) 役員会      (5)特別委員会  (3) 運営委員会    (6)指名委員会 第17条(総会)   総会は年度当初に開催し、次の事項を審議・決議する。  (1)旧年度の事業報告および決算報告。  (2)新年度の役員および会計監査の選出。  (3)新年度の事業計画および予算。  (4)その他必要な事項。 第18条(臨時総会)   臨時総会は、運営委員または会員の3分の1以上の要求があった場合、会長は臨時総会を召集する。 第19条(総会の成立と議決)   総会は会員の3分の1以上(委任状の数を含む)の出席をもって成立し、議決は出席者の過半数の同意を もって可決とする。 第20条(役員会)   役員会は10条に定める役員で構成し、会務の円滑化に務める。 2,会長は必要に応じて、役員以外の者の出席を求めることができる。 第21条(運営委員会)   運営委員会は、役員・常任委員会の正副委員長および、校長、副校長、教頭、事務長をもって構成し、 必要に応じて会長が召集する。 2,運営委員会の任務は次のとおりとする。  (1)各委員会の立案計画を審議する。  (2)総会に提出する議案を作成する。  (3)必要ある場合に特別委員会を設置する。  (4)特別な事情が生じた場合、緊急にして総会召集不可能な時には、これを代行する。ただし、次の総会に 報告し承認を求めなければならない。 第22条(常任委員会)   本会には、常任委員会として次の各委員会をおく。  (1)年次委員会  (2)成人教育委員会  (3)広報委員会  (4)環境整備委員会  (5)交通安全委員会 2,運営委員会の承認を得て、前項のほかに新たに常任委員会を設けることができる。 第23条(特別委員会) 特別委員会は特別の目的を達成するため、必要に応じて運営委員会がこれを設け、召集する。特別委員会の 委員長・副委員及び委員は会長が会員の中から委嘱する。またその任期は1年とする。 第24条(指名委員会)  指名委員会は運営委員会において選出された保護者・職員若干名によって構成し、正副委員長を互選する。 2,指名委員会は、役員・会計監査の候補者をあげ、被指名者の同意を得て総会の7日前までに会員に 通告する。 3,指名委員会は12月をめどに発足し、任務を終えた時点で解散する。 4,指名委員は原則として役員および会計監査になることはできない。 第6章 規約の改正 第25条(規約の改正)    本規約は、運営委員会にはかり、総会において出席者の3分の2以上の賛成により改正することが できる。 第7章 補則 (細則)    本会の運営に当たって、必要があるときには運営委員会の承認を得て、別に細則を定めることができる。 付則 第1条    会員等の慶弔に関しては、別に規定を定める。 第2条    会員等の旅費に関しては、別に規定を定める。 この規約は、平成16年5月15日より施行する。 この規約は、平成19年5月12日より施行する。 この規約は、平成22年5月22日より施行する。