このメッセージが表示される場合は、
お使いの環境がJavaScriptをサポートしていません。
一部の表示機能が無効になる場合がありますので、
ご了承ください。


サイトポリシーについて
このウェブサイトは神奈川県立鶴見総合高等学校(以下「本校」といいます)が運営しております。このウェブサイトを利用さ れる際には、以下の各事項をご了承くださいますようお願いします。また、本校は、このウェブサイトのご利用条件を変更すること があります。
その際にはこの文書の改訂版を掲載することと致しますので、最新の内容をご確認頂きますよう、お願い申し上げます。


閲覧環境について
・当サイトのコンテンツは、一部を除き XHTML 1.0 Transitional および CSS(Cascading Style Sheet)Level2に準拠 しています。HTMLの仕様に登場する要素のうち最小限のタグセットを解釈することができれば、どのような閲覧環境であってもコンテンツの主要な情報をご利用になれます。

・当サイトの提供するスタイルは、CSS Level2に準拠した閲覧環境に対応しています。Microsoft Internet Explorer 6以前、Netscape Navigator 4以 前などのブラウザはCSSに十分に対応していないため、それらを利用した場合(CSSに準拠した環境と比べ)異なる見栄えでコンテンツが描画される可能性があります。

・当サイトの提供するスタイルで閲覧を希望される場合には、Internet Explorer8.0以上、firefox 3以上、Opera 9以上、Safari 3以上など、CSSの仕様により良く準拠したブラウザをご利用ください。一応、Internet Explorer6.0(以下IE6)でも閲覧できるようできる限り対応していますが、IE6以下のバージョンはセキュリティの観点からもお勧めしません。


JavaScriptおよび各種プラグインについて
・当サイトでは、いくつかのページでJavaScript1.1を使用しております。ブラウザの設定でJavaScriptを無効にされている場合、機能、表示が正しく動 作しないことがあります。JavaScriptを有効にしてご覧ください。Internet Explorerにおけるセキュリティレベルの設定は「中」に設定してください。設定 方法は各ブラウザのヘルプをご参照ください。
・また、PDFデータをご覧になる場合は、Adobr Readerなどのビューアが必要です。必要な場合は下のバナーよりダウンロードください。
アドビリーダーのダウンロード

著作権について
本校のウェブサイト上の一切のコンテンツ、著作物(文書、素材など)に係る著作権その他の権利は本校及び情報提供者に帰属 します。これらコンテンツ、著作物は、日本の著作権法、条約及び他国の著作権法にいう著作権により保護されており、私的利 用の範囲を超えて利用することはできません。また、著作者の許可なく改変、複製、賃貸、貸与、販売、出版、放送等、方法の 如何を問わず第三者の利用に供することを固く禁じます。但し、個々の著作物に個別の利用条件が付されている場合は、当該条 件が優先されます。


商標について
本校のウェブサイトに掲載している学校名、会社名、サービス名、製品名などはいずれも本校あるいは各企業、団体の商標または登 録商標です。本校のウェブサイトでは説明の便宜上、その商品名、団体名などを記載する場合がありますが、それらの商標権の侵害 を行なう意志や目的はありません。


免責事項
(1)本校は、このウェブサイトに情報を掲載するにあたり、十分に検討・確認作業を行っておりますが、その内容に関し、その正 確性、有用性、確実性、安全性、特定目的に対する合目的性その他いかなる保障もするものではありません。コンテンツ等のご利用 により、万一何らかの被害が発生したとしても、本校は一切責任を負いません。

(2)本校は、ウェブサイトの構成、利用条件、URLおよびコンテンツ等を、予告なしに変更または中止し、あるいはウェブサイ トの運営を予告なしに中断または中止することがあります。なお、本校は理由の如何に関わらず、これら変更及びこのウェブサイト の運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても責任を負いません。

(3)このウェブサイトから、もしくはこのウェブサイトにリンクを張っている本校以外の第三者のウェブサイト(以下「リンクサ イト」と称します)の内容は、それぞれ各社の責任で管理されるものであり、本校の管理下にあるものではありません。また、本校 とのリンクサイトとの間に提携などの特別な関係があるということを意味するものではありません。本校は、リンクサイトの内容に ついて、また、それらのご利用により生じたいかなる被害についても責任を負いません。

トップへ戻る